読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さぶかるもん

アニメ歴約20年、ドラマ歴約5年の硬派オタクによる備忘録

『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜』総評 内向きで響くものがあまりなかった

「正義」とはトラウマのようなものだ
これは精神科医斎藤環さんが08年にPHPオンラインの連載で『ダークナイト』を主軸に語った理論で、この作品の主人公たちもそれを背負っており、個人的には大好物な話で期待していたんですが、いまいち乗れなかったのが正直なところ。斎藤環さんのコラムの締めくくりとして
もはや正義に単純な希望を託すことはできない。それはもはや、ノスタルジーの身ぶりとしてしかありえず、その意味で希望は過去にしかない、のかもしれない。
しかし「9.11」以後の世界において、「正義」をこのように相対化し、懐疑してみる姿勢はもはや避けることはできない。それはいささか寂しいことかもし れないが、認識としては前進なのだから。そこから先に何が見えるかはまだわからない。
とあるのですが、この作品はそこから先には達しておらず、前段のところに留まっており、外に対して説得力のあるものを提示できていなかったように思います。特撮愛、サブカル愛に溢れているのは、まあ伝わるのですが、脚本の會川さん個人の自分史の整理を作品でやっている感が強かった。
 
内容の面以外では、台詞に頼りすぎており、話の運び方が理屈っぽいので、ちょっと観ていて疲れる面があり、エンターテイメントとしてはいまいち。脚本に引っ張られてか、演出もアクション以外は、作画も低調で、単にキャラを喋らせているという感じが強く、深く印象に残るシーンがあまりありませんでした。若者受けを意識してか知りませんが、中途半端に世界観を子ども向けっぽくしたり、バラエティ要素を入れたりせず、シリアスな大人のエンターテイメントとしてやった方が良かったのではと思います。
 
水島精二監督と會川さんコンビの作品としては、『大江戸ロケット』のようなものをまたやって欲しいです。
 

 

 

 

大江戸ロケット vol.1 [DVD]

大江戸ロケット vol.1 [DVD]