読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さぶかるもん

アニメ歴約20年、ドラマ歴約5年の硬派オタクによる備忘録

2017年冬季アニメ 視聴継続作品の感想

1月放送開始アニメの6話までの感想です。今回から、続編作品含めての感想を書いていきます。好み順に並んでいます。

 

昭和元禄落語心中

ストーリーも抜群に面白いし、落語に限らず、文化、とりわけ大衆文化について、時代変化の中でのあり方の講釈も興味深い。

 

3月のライオン

全22話のようですが、二階堂の話で締める感じになるのかな。

 

鬼平

1話、1話よく出来ていて、満足度は高いけど、そろそろ連続した長大なストーリーが欲しいところ。

 

チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~』

勇者としての苦しみを描き、闇に落ちてしまうという展開は面白いけど、しっかり収集できるのか不安な部分も。

 

ACCA13区監察課

ストーリーが大きく動きだしそうで、なかなか動かないという、なんとももどかしい、ゆったりとした展開。終盤にかけてどんどん盛り上がっていけば良いのですが。


リトルウィッチアカデミア TVアニメシリーズ』

この世界では、魔法が時代遅れで役に立たないものということが語られましたが、それが明らかな描写がないのでストンと落ちない面も。魔法が一般的にどう使われているのかという描写が欲しい。

 

亜人ちゃんは語りたい

雪女のエピソード中心に、他人との向き合い方について語られ、6話ではある種の理想的な家族が描かれ、一通り、基礎的な亜人を巡る話は語られたので、以後の展開はどうなっていくのか。

 

ALL OUT!!

生徒達の話よりも、顧問の先生やコーチのエピソードの方にしんみりしてしまう(笑)


テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』 

テーマ性が深まってきて、今後の展開に期待が高まりますが、俺たちの戦いはこれからだ!ENDになりそうな感じも強く、落とし所をどうするかが肝要。

 

TRICKSTER

花崎のキャラ転向はちょっと唐突で、どんどん暗いストーリーになり、承認を巡る話でうだうだしすぎているところは微妙な感じ。小林の過去とか、能力の秘密など曖昧にならなければいいが…

 

霊剣山 叡智への資格

スタッフがほぼ一新され、シリアス感が増したところはありますが、ネタ要素は健在で安心。王陸がどんどん道を踏み外してる感があるけど、どこに着地するのか興味深い展開。

 

風夏

またヒロインらしき人が増えて、ギャルゲー感ましましで、萎える部分が増えてきた。バンド活動が本格的になり、恋愛要素以外のところで盛り上ってくれればいいのですが。

 

クズの本懐

各々、ただ色情に溺れているようにしか見えず、どうでもよい感が強くなって、観るモチベーションが下がり中。麦は基本的に流されるままだし、花火は自らダメな方へと深みにはまっていくし、破滅的な結末になるのだろうか。


BanG Dream!

3話が非難轟々という感じでしたが、基本的な流れはある程度決まった上での仕事だと思うので、担当した脚本家が責められるのはちょっと可哀想。「きらきら星」に特別な意味付けがあればよかったのですが、さすがにこれと校歌しか歌えないというのは無理がある。そんな強引な部分はあるものの、4話は良き青春の1ページという感じで、全体としてそこまで悪くなく、様子見。


南鎌倉高校女子自転車部

活動が始まったところで、今後どんなドラマが展開するかというところ。

 

幼女戦記

主人公もなんだかんだでヒャッハーしていて楽しんでる感じで、もうこのままでいいんじゃと思う部分も。あと、存在Xを物理的に倒そうとしているところもバカっぽい。


アイドル事変

特に化けそうな気配もないので、先行組の感想を読んで、気になっら視聴する感じに切り替え。